ご挨拶

写真:理事長

名古屋医師協同組合名古屋臨床検査センターは、皆様方の主治医(かかりつけ医)である開業医が、疾病の早期発見・的確な診断・治療を行うために共同利用施設として昭和33年に設立いたしました。昭和45年7月に附属診療所を開設し、日帰り人間ドック、精密検査(MRI、MRA、CT等)を行っています。随所に最新の設備や測定機器を導入し、大学病院教授、専門医による精度の高い診断を行っています。現在、名古屋市内及び周辺地区の組合員(開業医)の方々にご利用いただいております。

当センターは検査センター、附属診療所、事業本部の3か所の施設からなりますが、230名の職員を配置し、皆様方の健康チェックや疾病の早期発見、診断・治療の経過観察のお役に立つように心がけ、新しい検査にも積極的に取り組み、日々研鑽、努力しています。検査センターは平成27年9月より瑞穂区竹田町に新築移転いたしました。日本医師会臨床検査精度管理調査試験に於きまして、4年連続、10回目の100点満点を獲得し、高い精度を維持いたしております。検査センター、附属診療所は組合員の先生方、患者様のために、「より正確に、より迅速に」検査結果・診断結果がお伝え出来ますように徹底、努力いたしております。

附属診療所では、「日帰り人間ドック」、「一般健診」、「企業健診」を行っています。生活習慣病、がん、脳血管障害、心疾患等の早期発見、予防のために是非ご利用ください。

人間ドック案内、パンフレットをお送りしますので、下記にお電話でお問い合わせください。

 平成28年7月
名古屋臨床検査センター 理事長 中野 佐上